タイトル画像

オステオパシーの世界へ

2017.07.20(23:41) 489

私の所属しているJOPA「日本オステオパシープロフェッショナル協会」の
ホームページに本日、新たにセミナー開催の告知が来ていました。

↓↓

オステオパシーの世界へ

地元鹿児島での開催は4年ぶりとなり、
オステオパシーを学び始めて5年になる自分にも
そこで得た学びを今でも、ただただ噛みしめる日々です。

最近の症例でも
✅腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の「手術」を受けた40代の男性

✅歯列矯正を受けている20代の女性

など、今までの臨床では特に手術や歯といった影響を考えずに
治療の是非に振り回されていたことでしょう。。。

さらに近年より深刻化している環境問題も含めると
体の変化は恐ろしい早さで狂っています(;^_^A

こういった状況下でも求められる技術、
その技術を使いこなせるだけの哲学。

このエッセンスをどれだけ落とし込めて
日々の臨床の場に臨めているのか??

自分も会に属している身ではありますが、
治療家として、前進していけるように日々、勉強あるのみですね♪



理学療法士、日々、勉強


タイトル画像

走りながら考える!

2017.07.03(21:08) 488

ブログで書き残しておきたい、内容や出来事はたくさんあったのに
全く更新できていませんでした。

あの日の頃に立ち返りたいです。

立ち返るというと、六月は膜Ⅱのセミナーを福岡と東京会場にて
トレーナー&受講してきました。

この膜の概念2というセミナーはトレーナーとなる前には
各二回づつ、そしてトレーナーとなった時からもチャンスがあれば何度も受講してきた
思い入れのあるセミナーです。

ブログの以前の記事を振り返ると、
「横隔膜の動きがわからない」

「原理原則が大事だー」

なんて今考えると当たり前の事なのですが、
この、当たり前の事が抜けてしまっていたんだと
考えさせられる出来事がありました。

いま、JTOCに入学した!講師に着くことができた!

といった表面上の出来事に満足してしまっていたので、
その本質である、なぜそのように取り組んだのか??

という大切な気持ちを忘れていました。。。

やらないといけないことは沢山ありますが、
そのやらないといけないことは、
なぜ、やりたいと思ったのか?

走り続ける中で考え続けることも
忘れずに、日々を大切にしていきたいと思います。


理学療法士、日々、勉強


タイトル画像

腑に落ちない

2017.05.22(11:17) 487

お久しぶりの投稿なのに、何かモヤモヤな気分を記事にしてしまう、、、

最近はfacebookやインターネットを通じて、多くのセミナーを見かけるようになりました。

何が良くて、何が悪いといった話は、受けた本人の理念に添うのか、添わないかでどうとでも、意見が出てしまうので、その点に関しては議論が尽きないです。

ただ、その受けたあとに問題があって、その内容を一度受けただけで、あたかも習得しきったかのように振る舞うことは本当に迷惑です。。

自分の中で留めていてくれれば、別ですが、表面上の知識武装で話を進められ、結果そんなことも知らないのですか⁉
何て言われた日は、どうかなりそうです。。

知っただけで、満足するのではなく、得た知識を生かして行動し、それを知恵として話が出来るのと、表面上の知った、知らないの話で終始するのは、本当につまらないです。

得た知識によって、変化を実感できるのは素晴らしいことですが、それを継続して追及していけるだけの、覚悟をぶらさずに持ち続けて行きたい❗

そう決意する日でした😃

理学療法士、日々、勉強


タイトル画像

心の臓

2017.04.13(21:02) 486

前回のJTOCの授業から臨床での効果が
ずいぶんと上達した感じがしています!

本当に授業が良かった!
というのも、その内容の中を変えてくれるきっかけとなる実技がありました。

詳しくは書くことができませんが、
心臓の触診です。

ただ、単に構造としてとらえるのではなく、
感情を伴わせると思いもよらない反応をたくさんもらえました。

また、その発見をクラス全体で共有し、講師からも的確なアドバイスを頂き、
自分の今までもやもやとしてたものが、スッキリとしました!

感情が体に及ぼす影響は今までも考えていましたが、
本当に浅かったです。

そして、自分自身の体を守る方法や治療への活かし方についても再考できたので、
今までのJTOCで学んだ実技もより活躍させられそうです!

実践あるのみ!!!


理学療法士、日々、勉強


タイトル画像

3年生へ

2017.04.10(00:21) 485

今週末はJTOC三年次の最初の授業である
「循環器」を受けて来ました!

事前に資料を頂き、眼を通したのですが、
「!!!!!」

って感じで、この量をどうやって進めるんだろうか??
発生学に始まり、動脈・静脈の分岐まで細かく網羅されており、
いよいよ、いよいよって感じ構えていましたが、
授業を終えて、納得と自分の甘さに気付きました。

この三年時までの積み重ねを求められたのに対して、
自分が学んで来たものへの復習が完全に足りていませんでした。

こういった気付きをこのタイミングで起こしていただける。。。

このカリキュラムはホントにすごい。。。

体感して初めてわかるそのすごさと言ったらもう。。。

やるしかない!!!
って感じです。

今回は授業後、会長の海外の友人であるDOが挨拶に来てくださいましたが、
はっきりとどのようにすごいのかは、わかりませんが、
雰囲気やあいさつで発せられる言葉の一つ一つに
ただものではない!
本能でそう感じる次第でした。

まだまだ未熟者ですが、学校に入って
自分のキャパをぐいぐい拡げられているのを実感しています。

世界は広い!
凄いドクターはたくさんいる!

この感覚は学校でなければホントに味わうことはできないと思います。

というのも、海外のドクターも学校というブランドがあるからこそ、
出来る話があるし、教えてもいいという雰囲気が伝わるのだと思います。

国際セミナーや海外留学以上の雰囲気を作り出せているのも、
学長を始め、生徒一人一人の熱意が伝わってこそだと、
感謝の気持ちでいっぱいになります。

そして、今回は後輩にあたる二期生の入学式から、
授業の日程も重なっていたので、食事を一緒にさせて頂く機会を貰いました。

正直、後輩と言ってもそれはそれは、積み重ねたものを感じさせる
先生方もいるのでこういった形でつながれるも学校ならではと思います。

この熱がどんどん、広がっていき、
より日本国におけるオステオパシーの普及と、
その一翼を担うJTOCの一期生として
自分に嘘をつけないほどの実力をつけていけるように
これからも頑張ります!!


理学療法士、日々、勉強


最近の記事
  1. オステオパシーの世界へ(07/20)
  2. 走りながら考える!(07/03)
  3. 腑に落ちない(05/22)
  4. 心の臓(04/13)
  5. 3年生へ(04/10)
次のページ
次のページ