タイトル画像

給料明細の見方わかります?

2012.12.02(23:40) 170


給料明細の見方わかりますか??


会社(病院)に勤めて2年・・・

それまで、バイトというバイトはせず、

初めてまとまったお金を得る。


その明細。

めちゃくちゃ税金引かれてますよね。

特に社会保険とか結構な額ですよね。

2年目は1年目と違い、給料も減りました。



それでも、生活するには困らないし、

自由に使えるだけの金額が残れば、安心!


ともならず、引かれる訳は?

なぜ、引かれるのか?

そもそも、社会保険って?



そんな時、助けてくれた2冊!!







給料明細に書かれている保険の役割。手当の数々。

知って納得!!




もうちょっと世間を知らないと!


にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


タイトル画像

本の読み方

2012.11.15(22:12) 165


皆さんは月に何冊本を読まれますか?



有名な人は本をたくさん読みます。

そして、書斎、本棚は本がたくさん。


本と月に100~300冊は読んでいるそうです。


たくさんの本をいかに自分の知識から知恵へと昇華させるために、

質の良い良書との出会いも必要でしょう。


amazonのランキングを見たり、100冊ある本から厳選された4から10冊を

まとめている情報誌を目にすることも必要でしょう。


しかし、世間一般に良いとされるものが全てではないですよね。


そうなると、やっぱり質よりも量が必要になってきます。


そうなってくると、

いかに短い時間でたくさんの本を読めるか?

自分の記憶に定着させるか?


考えどころです。


「読書の技法」




この本を読んで正直圧倒されました。


めっちゃ本読んでるし、めっちゃまとめてるし・・・

びっくりです。

しかも、様々ジャンルを読まれている。

こんなにも学び続けられるとかと、、、



たくさん本を読むことで、

どういったところで、本で重要な点を伝えているのか?

分かってくるそうで、まだまだ分からないうちは、

一文一文しっかりと読むことも大切だと思います。



また、「人生で大切なことは、すべて「書店」で買える」では、

自分を飾らない、読書の仕方が身にしみました。




1時間で○冊読める!

月に何冊読みました!


なんて、他人の目を気にした読書ではなく、

本当に自分にとって感動をもらえる本に出合えること。

大切です。。。




またまた、記憶に定着させる!

となると、別の読み方もできます。

それが、「速読勉強術」









究極の速読は積んである本の背表紙だけでも見ること。

人間忘れる生き物だから、何度も、何度も見直すこと。


やはり、速読術というスキルを身に付けるのは至難の業だと思います。

職場の先輩は通信教育で学ばれたそうですが、

なんだかいまいちだったそうで。。。



そもそも、視覚優位なのか、聴覚優位なのか、体性感覚優位なのか?

自分にあった記憶法があるそうなので、

その適正を無視して、自分に当てはめるのも考え物ですよね。




いろいろな視点を得られる、本。

最高です。





最後まで読んでいただきありがとうございました。




ここで画像付で紹介させていた本ですが、必ずしも内容と一致するものではありません。
私個人の見解を交えさせていただいておりますので、ご理解ください。


にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


タイトル画像

P.F.ドラッカーのマネジメントを読んで

2012.11.14(22:55) 164


なかなか、咀嚼するのに時間がかかる1冊でした。。。

それだけ内容も濃かった!







ドラッカーといえば「マネジメントの父」とも呼ばれ、

いまや、ドラッカーさんが関連する書籍がたくさんありますよね。


そのなかでも、「もしドラ」とかはかなり有名だと思います。

私は「もしドラ」→エッセンシャル版へと移行して

読み進めたのですが、正直途中で挫折してましたww


なかなか、この手の本を一気に読み進めるのに苦手意識があるのか・・・

それでも、関連書籍から徐々に本文を切り崩して、

内容の理解に努めると、意外と見えてくるものが違ってきます。






そもそも、なぜ、マネジメントがブームとなったのか?

様々なサイトで検証されていますが、

自分なりになるほどなぁともったのは、


「多様化する社会、競争社会に疲れて、根底を見直そう!」

ってことなのかと。。。



これは、セラピストも同様で、

環境に流され、疲れて何をすればよいか迷った時には、

基本と原則に戻ると道を開ける。


そんな気がします!


私自身、オステオパシーの原理原則に帰ると、

改めて自分の臨床を見直すことができます。


「こんな哲学読んだって面白くない!」

と思っていた本でも、読んで納得することって

自分の成長を感じられてうれしいですよね。



まだまだ、積読ありますので、ガンガン読み進めていきたいです。

(もちろんアウトップとも含めて。)





最後まで読んでいただきありがとうございました。


鹿児島も朝晩冷えて、辛くなってきました。

お体にお気をつけて。




にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


タイトル画像

アクティブ・ノンアクションの罠

2012.09.26(22:06) 147


日々の仕事に慣れ始めたこの頃、気をつけなければならないこと。


あれもこれもと業務をこなしたり、勉強会の日程を組んだり、

毎日、充実しているように感じている。


しかし、それは断片的にさまざまな仕事を片付けている一日で、実は最も怠惰な一日。


何を目的に動いているのか?


たくさん仕事をすれば、たくさん勉強すれば、、、

たくさん、たくさん無駄が多すぎ、人より疲れる。

でも、充実しているならこれからもそんな日々。



何でもかんでも欲張り、何が出来るのか?何をしてきたのか?




たくさんあれば、という発想ではなく、

何を捨てることができるのか?

何に一点集中できるのか?


人間追い込まれれば、実力以上の結果が出せるのは、

一つのことに集中し、取り組むことができるからではないでしょうか?

(余計なものをみれなくなっている)


そこから、真に必要な問題を見つけ、また、集中的に取り組む。



何をすべきか、明確にできないうちは、大きな成果は得られない。


到達すべきイメージを持ち、そこに向かって、

進める自分を磨きたいです。





これからもよろしくお願いします。




にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


タイトル画像

ニーズを探る

2012.07.10(22:29) 120

Quality of Life

「なにより大切にすべきは、ただ生きることではなく、よく生きることである」

by ソクラテス

よく生きること。

「よく」とは!?


私はセラピストとして患者さんを「よく」しているのか?


人それぞれの人生、客観的な「よく」を押し付けるべきではない。

(お金持ちになりたい?、支配権を得たい?)



問診の中でそこを把握する必要があります。

つまり、患者さんの中にあるニーズを顕在化させること。


ニーズの階級は3つあります。

have:~が必要という、充足ニーズ

do:~したいという、行動ニーズ

be:~になりたいとう、到達ニーズ

haveをベースにdo,beはレベルが上位となります。


究極の最上級ニーズは決まっています。

「幸せになりたい」

ニーズです。


下位のニーズから上位に行き、結果的に「幸せになりたい」となります。


その中で、haveレベルのニーズは正直、患者さんも掴み辛くなっているのではないでしょうか?


学生さんや担当して日が浅い、こちらのコミュニケーション能力が不足しているから、

ニーズが聞き出せないだけでなく、

患者さんは私たちセラピストがどれ程のことを提供してくれるかが

分かっていないのではないかと、思います。


麻痺を治してくれ、元通りの生活に戻してくれ、幻暈を治してくれ、


限りなくあるニーズにどれだけ対応できているのか?


困るほど、「強い」ニーズが強くなる。



ビジネスでは

「~がないとう困る」という本来のニーズに対し、

困るほど強いニーズがある商品が最近少なくなっているとのこと。

しかし、やりたいことができずに困っていることはたくさんある。(doレベル)

なりたいニーズもたくさんあります(beレベル)


困っている、強いニーズを満たすことを提供することで差を、格差を作り出す。




ニーズは欲望でもあります。

重要なのは「欲望」からは「商品」を作り出すことはできない。

「商品」が「欲望」を作り出すのです。


魅力的な「商品」をみて

「あっ、こんなの欲しかった!」と自覚します。



私たちセラピストでも同様に考えることができます。

「あっ、こんなこともできるんだ!」

治療の幅を広げる努力をしなければ、と感じます。


見えないニーズを顕在化する優れたアイデア・技術によって、

社会が求めるセラピストのニーズが高まるのではないでしょうか?


にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


ビジネス
  1. 給料明細の見方わかります?(12/02)
  2. 本の読み方(11/15)
  3. P.F.ドラッカーのマネジメントを読んで(11/14)
  4. アクティブ・ノンアクションの罠(09/26)
  5. ニーズを探る(07/10)
次のページ
次のページ