タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

触診技術

2012.04.12(20:58) 101

「触診技術」


手技療法を行うにあたり、治療家の命であるといっても過言ではないと

最近、ひしひしと感じています。。。




勉強会では、

・オステオパシー

・運動連鎖道場IN鹿児島にて

「運動連鎖の総論・触診技術」

・クレニオワークシップ


などで主に触診技術の基礎・応用を学んでいます。



オステオパシーでは、人体をビュアライズできるほどまで、

触診技術・感覚を磨く必要性を学んでいます。


実際、講師の先生やベーシックテスト合格者、ベーシックセミナー修了者の方々に

触診していただくと、違い歴然です!


肺の動脈を触診したり、臓器と臓器の滞りまで触診可能。


関節のモビライゼーションにおいても、

皮膚や筋など、軟部組織の遊びをとった状態で行われると、

かなり強力にモビライゼーションされていると感じることができます。



運動連鎖道場では、講師の山本先生が講義の中で、

それぞれの層の反応を診て行きましたが、

筋だからこのくらいの強さ、骨だったらもう少し強くなど、

圧の調整ではないと指摘されました。

(あの時は何のことか分かりませんでしたが。。。)


そして、クレニオでは、

俗に言われる、5グラムタッチ、はがき1枚くらいの重さでの触診・タッチが必要と

されています。。。



それぞれが、全く異なったことを伝えていそうですが、

最近になってようやく、繋がりがでてきました!



クレニオワークシップで頭蓋や仙骨のさまざまなリズムを感じていますが、

さらには内臓の動きまで学ぶ機会があります!


そして、4月末にはJOPA主催の「内臓マニュピレーション」!

運動連鎖道場では5月に「仙腸関節」!



一つ一つしっかりと身に付けていきたいです。






参考書開いて、いざ勉強!!!



にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


<<勉強の輪 | ホームへ | クレニオワークショップ参加>>
コメント
初めまして!
私も理学療法士として職務しています。
しかし、今は2年目ですか?
オステオパシーを知ったのはいつからですか?
私は学生の時に知って、JOPAではないですが全日本オステオパシー協会で勉強してました!

本当に触診の力が大切で、PTが学ぶ触診力とはまた別モノですよね。
実際、間接法で治療することも多いですが、CRIを感じてもそれがマイワールドかどうか不安になりますが、これの積み重ねなんでしょうね・・・

お互い頑張りましょう!!
JOPAの方にもいずれ参加したいと思いますのでその際はよろしくお願いします。

これからも勉強頑張ってください!
私も負けないように頑張ります!!
【2012/04/28 01:11】 | oste-pt #- | [edit]
コメントありがごうございます。
ブログの更新が滞り、申し訳ありません。現在2年目の理学療法士です。

私がオステオパシーを知ったのは、去年(2011年)の5月です。
後輩の学生に「オステオパシーって凄いらしいですよ。臨床で使っている先生を見学していて思いました。」
との連絡を受け、インターネットにて、最初は検索する程度でした。

その後、病院の方にJOPAのDMが届きまして、8月にオステオパシーのセミナーを受講し、
オステオパシーの勉強を続けようと決心しました。

oste-ptさんは学生の時からオステオパシーをご存知だったんですね。
oste-ptさんのおっしゃる通り、学校で習ったり、勉強会で習うものとは
別次元な感じを受けます。

JOPAのセミナーには継続して参加していますが、
触診の重要性を常に感じます。

この前も「傾聴なくして、マニュピレーションあらず」
と、講師の方に指導を受けました。

まだまだ、勉強を続けていきたいと思っております。

これからもよろしくお願いします。
【2012/05/01 18:28】 | takahiromakimaki #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/101-ba711b7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。