タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

牛乳って、、、

2012.05.14(21:57) 109

身長を伸ばすために、

骨を丈夫にするために、

イライラ、ムカムカ精神面の安定を図るために、


不足するカルシウムを補うために、牛乳を飲もう。


って、考えたことありませんか!?



どうも、間違えみたいですよ。。。


これって、極端に言うと、

認知症(脳が萎縮)の患者には、脳みそ食わせれば、いいってことになります。



自然の摂理から考えて、

どんな動物も成長してから、多種の動物のお乳を飲んでいる動物はいません。

それだけ考えても、他の動物のお乳を飲むこと自体、不自然です。



そのほか、危険なあやまりもいくつもあります。

・牛乳は吸収が良いから、カルシウム摂取に良い。

・牛乳を飲んで骨粗鬆症を予防する。



これらを、解説していくと、

まず、「牛乳の吸収率」

牛乳に含まれるカルシウムが腸から、よく吸収されるとすれば、

血中のカルシウム濃度は高くなります。

しかし、人間のカルシウム濃度は一定で、9~11mg/ccと決まっています。


これにより、人間の恒常性が保たれているのに、

牛乳によりカルシウムが急激に上昇すると、

当然、体外排出しなければなりません。


急上昇による、生体防御反応として

腎臓から急速に排出しようとします。


そのとき、余分なカルシウムのみ排出できればいいのですが、

そうならず・・・


結果として、

体内に必要な栄養素の排出

肝臓・腎臓への負担

余分な成分なため消化不良

などなど、、、、



You are what you eat

「あなたのからだは食べ物次第」


にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村



理学療法士、日々、勉強


<<牛乳の何がいけないのか | ホームへ | 機能と構造in神戸>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/109-24a527a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。