タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

腰痛へのアプローチ

2012.07.11(23:53) 121

本日、母校の先輩が主催されている勉強会に参加してまいりました。

発表者も母校の先輩。


腰痛へのアプローチを機能解剖学的な視点から考えて発表して頂きました。


機能解剖学的な視点ということで、

・腰椎の特徴、形状

・関節の動き

・筋の作用、走行

などなど、様々な文献からデータをまとめて下さっていたので、

文献・論文をみていない私にとって、とても刺激となりました。


解剖・病態を理解し、

評価→問題点抽出→治療→再評価

の過程をデモを交えて発表していただいたことで、臨床推論の構築に何が必要なのか?


もう一度自分で考える、自分を見直せる機会となりました。



身に付けた技術によって、せっかく身体に良い反応を引き出せても、

それが、なぜ良くなったのかを、曖昧にしたままでは、

その場きりになってしまい、自分を進歩させることはできない。


もっともっと解剖学を学び、

自分の臨床推論を豊かにしていきたいです。





にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


<<筋膜の世界 | ホームへ | ニーズを探る>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/121-d7c91669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。