タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

検査測定実習、始まりました☆

2012.07.23(21:37) 127

本日から検査測定実習が始まりました。

長期実習の次の週からもうツギの実習・・・



学生に携わる中で注意したいのが

各実習期間(見学・検査・評価・長期実習)における目的の再確認!


それぞれに意義があり、それぞれで目的が変わってきます。

長期実習では1期目、2期目でも指導内容は変わってきます。


そんな中、検査実習(1週間)は期間が短く、

検査といっても、学校によって学習の進行度が異なるため、

正直、他の実習と比べてかなり目的が曖昧になりがちです。


ですが、その分、学生の積極性、学ぶ意識によって左右されると思います。

ある程度は学校から送られてくる資料に基づいて

検査の練習をセラピスト、患者さんに協力をお願いするのですが、

他の検査も取り組んでもいいと思います。

いや、やるべきでしょう!!


なぜなら、評価実習までに習得しておくべき検査項目は

検査実習では学習範囲に含まれていないため、

その誤差の分だけ患者さんで検査ができないからです。


そして、評価実習で苦労しています。。。


そうならないためにも、早期からの取り組みが重要なんだと思います。

こちらは押し付けがましく、あれもやれ、これもやれとは言いません。

しかし、環境を設定し、学生が自ら学習意欲を高める空間を作ります。

そして、進んで学びを得ようとすれば、人から言われるより、

はるかに習得度が変わってくると思います。



これって、養成校を卒業後の研修と同じことが言えると思います。

いくら、協会が学ぶ環境を提供しても、

本人にやる気がなければ、結局はおせっかいに終わってしまう。


成長できるかどうかは、

その学生を

・支える環境

・本人のやる気

次第にかかってくると思います!!







にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


<<目指すセラピスト像 | ホームへ | 触診の難しさ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/127-dbf3e309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。