タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

治療を行なう前に

2012.08.12(23:49) 142

8月11・12日と福岡へ勉強会に行ってきました。

福岡といっても、大分との県境の整形外科であったため、

交通がちょっと不便で大変でした。

家から8時間近くかかった。。。



勉強会に参加して新たな知識・技術・交流をつくり、

大変充実しましたが、それ以外に大切なことに気付かせていただきました。


まず、今回の勉強会の講師の先生はその協会の会長に努めていただいたのですが、

言葉遣いが穏やかで、講義も聴いていて適度な緊張感を持つことができました。


いつもはガチガチなんですが。。。




患者さんの治療を行ううえで、

思ったように効果が出ないであったり、

患者さんがリラックスして治療を受けていなかったり、



それは、セラピストの接し方、

患者さんをモノのように扱っていないか?


乱暴な口調で語りかけたり、

寝ているベッドの近くをドタドタ歩き回ったり、

セラピスト間でおしゃべりをしていたり、


そういった空気・態度を作ってしまうことで、

いくら優れた技術を持っていても

患者さんがそれを受け入れてくれなければ、治療にはならない。




そういったセラピストの態度は意識一つで大きく変えられると思います。

意識が変わると患者さんへの接し方も自然と変わり、

治療効果も今までより向上する。



タッチというと、

乱暴に触っても、物理的にはタッチ。

しかし、患者さんに語りかけるように、大切におこなってもタッチ。

見た目は同じでもどちらのタッチが患者さんに受け入れられるのか。




こういった考えを持てるかが人間性の部分になってくるのだろうと思いました。


大切な気付き。

当たり前のことを当たり前に意識を高めて明日からも頑張るぞーーー!








ランキング参加中です。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


<<学生の言葉遣い | ホームへ | 今後の予定>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/142-efa157a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。