タイトル画像

脳脊髄液の律動

2012.10.03(14:03) 155

JOPAの基礎訓練コース第7回目の内容です。


身体にはさまざまなリズムが存在し、その動きはどこから来るのか?


セミナー内で頭蓋仙骨リズムの発生メカニズムにあたらな考えが

あることに驚きました。

(研究は絶えずされているわけですね)


その脳脊髄液の循環を感じ取る。

そして、評価する。


終盤のため、難易度が高いものでしたが、

身体の使い方や意識の持ち方など、アドバイスをもらいながら、

何とか掴むことができました。


あとは、鍛錬あるのみ!!



あと、脳脊髄液を用いた評価で、

相手にコンタクトするわけですが、

講師の方々と違うことがたくさんあります。


当然感覚の違い(鍛錬の量)はありますが、

それに基づいた治療の早さ・効果の大きさ、驚きです。


実技練習中、相手の方が何も考えず、

ずーーーーと、ホールドすることに集中したそうなのですが、

治療、身体のリズムは整えることができたそうです。


しかし、時間がとってもかかってしまいました。


身体にコンタクトして何を意図して評価・治療に進めているのか、

その違いを明確に感じることができました。


なぜ、同じようにできないのか?

なぜ、時間がかかるのか、効果がでないのか?


その課題を明確にして、改善策を考えながら、練習に励みたいと思います。


正直、感覚の世界はモチベーションだけでは続かないので、

問題点、目標、支えあえる仲間・講師陣との連携

地盤を固めて、日々、精進あるのみです!



これからもよろしくお願いします。


にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


<<いざ、東京☆彡 | ホームへ | 何を優先すべきか?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/155-a0d22933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)