タイトル画像

「The Goal」を読んで

2012.11.23(21:44) 169

「The Goal」



内容の紹介の前に、この本の厚さ。。。



200ページの本と比べても分かるように、かなりのボリュームです。

(The Goalは552ページ)




また、海外で出版された本はなんとなく抵抗感があって、

まず、登場人物の名前が途中で混乱してくる。。。

つぎに、なんとなく、回りくどい表現になっていること。。。


自分のリテラシーを磨かねば!と毎度思っています。



本の内容ですが、本書の解説に

「空前のベストセラーを記録したにもかかわらず、15年以上の間、

 日本で翻訳されなかった幻のビジネス書」


であったと書かれています。


読み進めていって、画期的な方法について、

小説という形で書かれており、

「なるほど!!」

と思えるところもあれば、

「うーん・・・」

となるところもある。。。



何度か読み返すことで、理解できなかった単語や言い回しの理解に努めて行きたいです。


それでも、こんなにボリュームのある本ですが、

読み始めると一気でした(笑)


それは小説としても非常に面白かったからだと思います。



このように、ストーリーを通じて、

自分のなかなか踏み込めない領域の勉強をできるのは、

とてもありがたいことだと思います。



そのような形態をとる本として、

「100円のコーラを1000円で売る方法1・2」

「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか? 」

「ドラッカーと会計の話をしよう 」


などなど、ストーリーを通じて楽しく勉強できる本が支えになっています。

また、そういった本の中では漫画化されているものあるため、

「活字苦手~~」

という方でも親しみをもって読んでいくことができると思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました。



にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法士、日々、勉強


<<給料明細の見方わかります? | ホームへ | 「脳には妙なクセがある」を読んで>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/169-247e1ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)