タイトル画像

SATセミナー

2013.04.22(10:07) 189

JOPA主催のSATを受講してきました(・∀・)

SATは1年前に受講したっきりで、臨床で活用できていませんでした(*_*;


何故かというと、

「アジャスト」に抵抗があったからだと思います。

1年前は満足に脊柱の触診も出来てない状態で、セミナー中にどこかあきらめがあったのかもしれません(/_;)


しかし、オステオパシーを学び続ける内に、脊柱の病変を短時間かつ効率的にリリースする必要を感じました。

また、脊柱の診断でも、病変を特定出来ずに曖昧なままであったと思います。


それではいけないと思い再受講!


以前と比べて、触診や解剖学など土台が出来ていたためか、理解を深めることが出来ました(*^_^*)


また、受講生全員での診断は適度な緊張と共に臨床での活用を進めることが出来る非常に貴重な時間となりました!(^^)!


どうしてもセミナーで学ぶだけでは習得は難しいと思います。
臨床で結果を出せるレベルにするためには、練習あるのみです。


それを自分の中で言い訳をしてしまっては進展はありません。
そんな状態が続いてくると

「明日から使える!」

「簡単に身につく!」

ようなセミナーに流れてしまうのではないでしょうか?



出来なくても、キッカケを掴んだのであれば、信じて練習を続けることで、道は切り開けるのだと、改めて感じる2日間でした☆彡

理学療法士、日々、勉強


<<内臓マニュピレーション ~国際セミナー~ | ホームへ | 引き寄せの法則・鏡の法則>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/189-f47fe7ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)