タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

リハビリってどれも同じじゃないの?

2013.09.09(09:19) 207

記事が前後してしまいますが、先週治療室にて施術させて頂いた患者さんとの会話が頭に残っています。

患者さんが言うには、
「リハビリってどれも同じじゃないの?」
ということ。

この患者さんは病院の外来にて通院されている方で、今まで多くの病院を転々とされ、その経験からどうしても不思議でならないとのことでした。


診療科目や発症・受傷時期の違いとは別に同じ整形外科の外来リハビリでもセラピスト間で違いがある。

すべての病院や施設でこのような違いがあるとは限らないのですが、あまりにも差が目立っているという実感は確かにあります。

セラピストの背景にある経験年数や思想・知識・熱意の違いは自由だと思うのですが、それが極端であると、患者さんを振り回してしまう。

そうなってくると、正直患者さん主体というよりも、セラピストがやりたいようにしすぎているのではないかと不安になります。

そこで、病院側として、エビデンスに沿って効果の高い治療内容を統一すると思います。

そうすることで、セラピスト間の差をなくそうとすることになる。

しかし、それにも問題があって、患者さんと向き合う臨床の現場では、身体の面だけでは対処できずに行き当たりばったりになりかねません。

身体・心・精神(生命)のバランスをとるために、その瞬間に最良の判断をする!

そうなると、最初の問題に帰ってしまいますが、各々の努力で患者さんを主体に、患者さんが満足できる結果を示す事が重要だと思います。

私自身、病院で外来患者さんのリハビリに携わる中、セラピスト間の違いを指摘されることが、何度かありました。

そんな中セラピストは自分の信じる道を、患者さんに残せる形で取り組んでいきたいです。

理学療法士、日々、勉強


<<ヴォイスレコーダーおこし | ホームへ | 「内臓」セミナー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/207-bf77908e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。