タイトル画像

トリセツ・カラダ

2013.09.16(00:13) 210




カンタンにまとめられた解剖学書!

治療室に来れた患者さんに施術の内容を理解してもらいたいと思い購入しました。

手で触れる骨の位置や筋肉の場所などは、

ご存知の方も多いのですが、

内臓の場所なんかは漠然としています。


内臓マニピュレーションで臓器にコンタクトする際に

なぜ、そこを触るのか?

そこには、何があるの?

といった、素朴な疑問に説明するのに役立ちます。


これを読めば、カラダ地図が書ける!!

理学療法士、日々、勉強


<<はじめての「解剖学」 | ホームへ | ヴォイスレコーダーおこし>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/210-4351ba9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)