タイトル画像

はじめての「解剖学」

2013.09.16(00:23) 211




「斬新なイラストと軽妙な解説」


臓器の位置関係を把握するときに、よく「ネッター」や「プロメテウス」を使用しますが、

本書はそれとは違った、イラストにより新しい発見が多く得られました。


解説も解剖学用語を抑えつつも理解しやすいように、

また、違った観点がありました。


一般的な解剖学書とは別に持っておいて損はなさそうです。

また、学生さんにもお勧めしたいです☆



理学療法士、日々、勉強


<<胸郭セミナー | ホームへ | トリセツ・カラダ>>
コメント
はじめまして!ブログランキングから来ました。

モチベーションが低下している今、読むと自分も頑張らねばと励まされます。

後ろ向きな私のブログですが、よかったら。
http://ptlife28.seesaa.net/
【2013/09/20 12:07】 | たっくるん #wz8JeYKI | [edit]
はじめまして☆
たっくるんさんコメントありがとうございます。

私もたっくるんさんのブログをランキングを通じて読ませて頂いております。
当院と通じる点があり、共感しながら、私自身の病院の環境について考えさせられます。

今後ともよろしくお願いします!
【2013/09/20 18:33】 | takahiromakimaki #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/211-56a69b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)