タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

一歩一歩進む

2014.02.18(19:11) 238

病院+自宅治療室での施術。


大きな違いは当たり前ですが、患者さん。

病院では平均85歳以上の入院患者さんと外来を数名担当しています。

ご高齢という事もあり、取れる肢位が限られる上、プラットフォームやベッド上でリハビリを行います。


以前は環境のせいにして、診断ができないやら、テクニックが十分にできないと嘆いていましたが、

徐々に応用しながら、行っています。

JOPAのセミナーでならう、座位での横隔膜の治療や側臥位での脊柱のリリースではいまだに

態勢はしんどいですが・・・




そんな中治療室は病院の診療時間外で来られる患者さんには環境の言い訳なんてできません。

やるかやらぬか!

自分に自信を持てるかの精神面も大切だと思います。


内臓を触るなんて言って驚かれないだろうか?

頭を触ってじっとしているけど、怪しまれないだろうか?


なんてことも最初は不安で、結局、揉むだけになってしまうこともありました。



しかし、以前受講した「女性と初心者のためのオステオパシー」でも習った通り、

迷ったら、

患者さんの為に、

積極的なチョイスをせよ!!

とあったように、自分を信頼してきてくれる患者さんの為にと考えるようになってからは、

自然と自信を持って治療ができるようになりました。」



まだまだ、一度の施術で症状を劇的に改善さることは少ないですが、

一歩一歩自分を信頼してきて訪ねてきてくれる患者さんの為にも日々、勉強です。



別ブログも更新中です☆
是非、遊びに来てください!

↓↓↓
http://ameblo.jp/takahiromakimaki




理学療法士、日々、勉強


<<メカニカルリンク‐オステオパシー・アプローチ‐ | ホームへ | 新☆ブログ開設>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/238-29301967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。