タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

チャップマン反射

2014.02.20(07:51) 244

チャップマン反射


カウンターストレインの国際セミナーの会員限定のセミナー受講の際に購入しました。



チャップマン反射点は、筋膜の深層にできた「神経節上の収縮」である。

この反射点は局所的な解剖学的な位置と一緒であるため、内臓との関係がわかります。

そして器官との関連における位置関係は再現可能であるため、

診断ツールとしても非常に役立ちます。

また、診断後はやさしく圧をかけ、治療していくため、

診断がしっかり出来れは、活用の幅も広がる治療法です。


本書では反射点を48紹介されており、腹側と背側における

特徴と臨床的な所見も記載されており、

反射点の理解とともに臨床での応用がしやすいと思う1冊です。


書籍案内TOPページへ







理学療法士、日々、勉強


<<カウンターストレイン | ホームへ | 靭帯性関節ストレイン-オステオパシー・マニピュレーション->>
コメント
初めまして。

チャップマン反射について調べていたら
こちらのブログを見つけました。

もしよろしければ、質問に答えて頂けるとありがたいです。

チャップマン反射で圧痛点を見つけたら治療するかと思うのですが
クルクルと圧を加えているとリリースの感覚はあるでしょうか?

よろしくお願い致します。
【2016/07/01 13:25】 | ひとみ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/244-2363f674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。