タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

カウンターストレイン

2014.02.20(07:55) 245

カウンターストレイン-オステオパシー技法の手引-




初めて国際セミナーを受講したセミナーが「カウンターストレイン」でした。

その際に参考図書として購入をすすめられました。

理学療法士の先生方は臨床でもよく使用されるテクニックだと思います。

別名「ポジショナルリリース」としても有名だと思います。


テクニック自体は間接法で患者さんに負担が少なく、

私も臨床で非常によく使うテクニックの1つです。


テクニック自体のルールとして90秒の保持や

相手に力を抜いてもらうといったものの生理学的な背景も

本書では解説されています。

理論的モデルの項目の一般的概念では忘れかけていた

生理学的な機序も理解ができました。



身体各部の診断と治療の項目では

頭蓋以外のテンダーポイントの記載があり、それぞれのポジションについても、

図によって解説されています。





オステオパシーにおけるどのテクニックにおいてもいえる事ですが、

図や写真だけでその型を合せたとしても、

最後の微調整の感覚というものが伴わなければ、

望んだ効果が得られないかもしれません。



書籍案内TOPページへ










理学療法士、日々、勉強


<<オステオパシーの芸術性 | ホームへ | チャップマン反射>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/245-7ace1de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。