タイトル画像

顔面の痙攣を訴えるケース

2014.03.24(23:40) 260

先週の練習会を終了時に参加された先生から、

顔面の痙攣が気になると相談を受けて、

施術させていただきました。



症例:40代 女性 作業療法士

主訴:顔面の痙攣(常に左瞼がピクピクしている感じがする)

所見:全身傾聴‐下肢からのベクトルを通すことで、肝臓の制限を感じる

施術:・肝鎌状間膜のリリース
    →間膜を通じて頭蓋のほうへテンションを感じる

   ・後頭環椎関節のリリース
    →強い制限を感じ、2種類の方法でリリースを行う。

   ・頭蓋の治療
    →頭蓋内で支点(フルクラム)を創り、リリース


考察:施術後に症状のあった痙攣が止まり、視野が広くなったとのこと。

   翌日にリハビリ中に再び痙攣が生じたが、前回とすると頻度が軽減。
   (視野はまだ広いとのこと)

  
   施術に関して~

   後頭関節関節のリリースでは、目的意識によってさまざまな効果を生みます。
  
   上頭斜筋など、眼の動きに関係する組織もリリースできますし、
   
   後頭環椎関節のリリース後、そのテンションを大孔や頸静脈孔をもっていき、

   その孔を通過する組織の流れを改善させることが可能です。


   今回の症例の場合、後頭環椎関節の圧縮が強かった。
  
   柔道の経験者でその際に受傷ベクトルが残っていると感じ取りました。

   通常の4指でコンタクトしたものでは、リリースに時間を要すると感じたため、

   別法を用いてリリースした。

   
   初めの傾聴で、受傷ベクトルの感覚がつかめていたら、時間の短縮が図れた上に、

   治療の流れもスムーズなのもになったと思う。


   初めに、症状を聞いたときは不安に思ったが、傾聴し病変をつかめれば、

   良い反応をもたらすことが可能なので
  
   診断の能力を向上さえていきたいです。

理学療法士、日々、勉強


<<ベッドサイドのオステオパシー | ホームへ | 感謝>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/260-c196ccfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)