タイトル画像

持ち上げない移乗・移動動作

2011.09.29(00:06) 27

昨日に引き続き、ラックヘルスケア主催の勉強会に参加した内容です。


持ち上げない移乗・移動動作というテーマで行いました^^


病院での移乗・移動で自分がよく関わるのは、

ベッド~車椅子の移乗、ベッド上の移動を行います。

そのとき、自発動作のなかなか得られない患者さんに対しては、

どっこいしょ っと、両脇から手を入れて持ち上げるようにしていました。




これだと、患者さんにも負担がかかる上に、自分の身も守れていない。。。


では、どのように考えて行うべきか?


まず、視るべきポイントとして、どこを介助すればよいのか。

また、どのような動きはできるのか。



これはすごく大事なことで、

常に患者さんを受動的に動かし、同じ動きで介助を行っていると、

その日の患者さんの状態の把握ができない。


例えば、今日は、リーチ動作が得られた。体幹の前傾が少ない。

など、ちょっとした変化に気付くことができるようになります。

これを利用して、リハビリの治療計画にも反映していくことができますよね。



昨日の勉強会に参加して、感じたことは

まず、自分が体験していないことの恐ろしさ です。


無理やり移乗させられたらどんなに痛くて怖いか。。。

ポジショニングにつかうクッションの固さや位置、

これで、二時間同じ状態でいられるのか。。。



そんな気付きを得られた勉強会でした。




ランキング参加中。これからもよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村


理学療法士、日々、勉強


<<膝の基本 | ホームへ | ベッド上のポジショニングの考え方>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/27-b419ef43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)