タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

勉強会に行っても技術が習得できないpart3

2014.04.06(20:40) 272

続けてpart3の内容です。

「意識」「視点」と受講生に必要な要素に続いて、

これもオステオパシーのセミナーに特有のものだと思うので、

今回はちょっと特殊かもしれません。


それは、「場の力」というものです。

実際にはどのようなことかというと、

勉強会自身は講師のみが作り上げるものではなく、

受講生も含めて勉強会を盛り上げる、成り立たせるものだと思います。

そういった状況で実技練習を行うと、

非常に良い空間(緊張感や真剣な雰囲気など目に見ないもの)が出来上がります。


そういった場では、自分の予想以上の力を発揮することができるので、

その場で再現性を持たせることも可能になることがあります。


しかし、臨床という異なる場では、そういった場の力が借りれないため、

差が生じることがあります。


この場合は、「場の力」の影響を考えて、

もう一度練習を繰り返していくことで、混乱や

途中で挫折などせずに継続していけるのではないかと考えています!



とりあえず、大きなテーマで書いた内容でしたが、

以上が自分の感じ取っている技術習得の差になります。

今後については気づいたときに書き綴れたらと思っています。

理学療法士、日々、勉強


<<喜ばれる技術 | ホームへ | 勉強会に行っても技術が習得できないpart2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/272-e0644118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。