タイトル画像

頭蓋反射療法を学んで

2014.06.06(18:25) 285

5月にJOPA主催で開催された「頭蓋反射療法ベーシック」に参加して1か月が経とうとしています。

受講する前は、不思議な世界だと思っており、受講を迷ってしまう場面もありました。

しかし、会長のデモストレーションでも度々その変化を目の当たりにすると、

受講しなければ!!という気持ちになっていました。


セミナーでは反射点、診断、治療と一貫して学ぶことができました。

今後もアドバンス1.2と続く予定らしいです。

今回のベーシックの部分で学んだ反射点を通じて、さまざまな気づきをいただきました。


今まで、構造が見れれば、アレルギーや解毒などなど、内科疾患ととらえていたものにも

治療効果が出せると考えていました。

それは、今でも変わらない真実なのですが、そこで1つ疑問を持ち続けていました。。。

その問題を起こしている構造は、なぜ問題を起こしてい待ったのか??


その疑問にも今回のセミナーを通じて、1つ理解が深まりました。

反射点の中にある黄砂・乳製品・水・スピリチュアルなどなど。

それらと身体の構造のつながりを診れるようになったことで、

今まで治療効果がおもわしくなかった方にも変化が出せるようになりました。


このことはセミナー中に電磁場のおそろしさや、デモストレーションで、

わたしの体を治療していただいたことでより、明確になっています。


また新たなる視点をいただいて、患者さんにより多く還元できそうです!

理学療法士、日々、勉強


<<インプットとアウトプット | ホームへ | 「フルクラムとタイド」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/285-26cfb2af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)