タイトル画像

情報量=知識*発想??

2014.09.30(17:52) 308

より多くの情報を集めれば集めるほど、知識はどのように変化するのか?

この問題を臨床に置き換えると評価をたくさんすれば、するほど良い結果が得られるのか?

良い結果という解釈によって答えは左右されそうですが、私は迷いが増えるのではないかと考えます。

何故かというと、臨床において重要な要素である発想(直感力)を鈍くするためです。

科学的根拠に基づいて論理的に思考することも大切ですが、患者さんを目の前にしたときに、カルテや数値での結果しかでない評価をたくさん行っても、患者さんい基づいていなければ、最良の結果は得られません。

そこで、今まで見ていなかった、直感力も併せて診ることができるように努めたいです。

そもそも過去の偉人たちは限られた情報量のなかで、世界を驚かせるような発想をしています。

情報が容易に得られるようになった現代で目に見えるモノだけでなく、本質を見抜く力を養えるようになりましょう!

理学療法士、日々、勉強


<<明日はセミナー!! | ホームへ | OMTポケットマニュアル>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/308-76f9cc3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)