タイトル画像

オススメ解剖学書

2015.05.22(20:53) 336

前回のオステオパシー大学の授業を経て、
改めて解剖学書を読み直し、どのような視点で何を得ようとするのか?

そういった観点から個人的にオススメできる書籍をまとめてみました。

ちなみに、紹介させていただいている書籍は
私個人が購入し今なお読み続けているものに限定しました。
欲しい本は山ほどありますが、実際に目で確かめていいなぁと思った書籍を挙げています。

1、ネッター解剖学アトラス


言わずと知れた名著です。
JOPAのセミナーを受け「膜」の重要性を感じ購入した方は多いのではないでしょうか?
各臓器の位置関係、より構造体(3D)で各器官をイメージ出来るように
様々な方向から確認することができるため、何度も見返します。
しかし、文章による説明などはありません。

2、プロメテウス解剖学アトラス



シリーズとして各部位ごとにより鮮明に描かれている解剖学書です。
私は胸部-腹部-骨盤しか所持していません。
購入を決めたのはJOPAのテストに合格し、アドバンスコースへ進んだ時です。
ネッターと比べて各臓器の位置関係を見やすくするために、
臓器を透過させてあったり、綺麗な解剖学書です。


3、人体の解剖



現在(5/22)は単行本サイズはなく、大型版だけの販売かと思われます。
「膜」が残されている実際の解剖を写真で撮影されたものが見れます。
また、文章でもより詳細に解剖学の位置関係、つながりを学ぶことができオススメです。
ちなみに会長はこの本を3冊以上ダメにするほど読み込まれています!

4、解剖学講義



1~3と比べて簡素な図ですが、膜のつながり、
位置関係をより学ぶために重宝しています!
組織にコンタクトする際のランドマークを考えたりする際にも
良く読み返しています。


まだまだ、紹介したい書籍はたくさんあります。
とりあえず、よく読み返している解剖学書4冊を挙げてみました。
また、機会があれば本の整理知識の整理のためにまとめてみたいと思います。

理学療法士、日々、勉強


<<久しぶりに。。。 | ホームへ | 地元でも>>
コメント
このうち一冊しか持ってないですね〜参考にさせていただきまーす!(^^)
【2015/05/25 22:15】 | しまの #- | [edit]
しまの先生!いつも読んでいただきありがとうございます!
参考にしていただければ幸いです☆
それぞれ本の特徴がありますので、是非一度目を通してみるのもいいかもです♪
【2015/05/26 23:41】 | takahiromakimaki #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/336-374fd55a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)