タイトル画像

電磁波の影響

2015.06.11(21:04) 345

電磁波。
現在、大きな環境問題のひとつです。
治療家としても立ち向かわなければならない
一つの大きな壁です。

この問題をどのように捉えて、どのように解決するか?

まず、電磁波の健康被害ですが、
私自身の経験では普段の生活ではそれほど感じないことが多いのですが
治療や乗り物(特に新幹線、飛行機)など
大きな電磁波を受けると
手がしびれてきます。
そして、腹膜が緊張して腹痛が起こります。
その後、腹痛が収まったかと思うと、
数日後にはひどい腰痛が起こります。

そういった一連の病変だけでなく、
呼吸や循環器の問題が見えてきています。

咳が出だすと止まらない、不整脈など。

あと、粘膜にも影響を及ぼし、鼻血(鼻の粘膜が弱くなったのか?)が出やすく、
止まらなくなったり、目のかゆみを起こります。


そういった症状は身の回りにも多く、
性格が変わってきた人も出てきている様子。

恐ろしい。。。



そういった電磁波。

治療で問題になるのは、自分の身体がきつくなるのもありますが、
相手の病変を診断するのが厄介になる。
その結果、リリースできなくなる。
といった点が大きいのではないでしょうか?

今までうまくいっていたけど、うまくいかない。

そういった場合、診断や治療の質を再検討する必要がありますが、
中でも診断は電磁波の問題を受けているせいで、
他の問題が目立たなくなってしまい、
本当のプライマリー病変を見失うようになります。

電磁波だけが全部の問題を引き起こすわけではないと思っています。
しかし、影響が強いだけにほかの問題がわかりにくい。

こういった、問題を整理して考える能力も今後は必要になります。

そして、自分の身を守る方法ですが、試行錯誤してもなかなか、上手くいきません。

本当に自分の実力が上がる前に強敵が次々と現れるような
この焦り、、、

時代に取り残されず、生き残れるようにこういった問題から目を背けず、
やり続けていきます。

理学療法士、日々、勉強


<<覚醒!? | ホームへ | 触れずに診る>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/345-71e2d3ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)