タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

自然とオステオパシー

2015.10.29(00:49) 385

今週末はJTOC、マッスルエナジーテクニックの四肢が授業テーマです。
先週末は2期生の受験があったそうですが、定員いっぱいで迎えられるそうで、嬉しいです。
やはり、卒業して母校がなくなる悲しさは考えたくありませんから( ̄^ ̄)ゞ

10月はJTOCもなく、授業の復習以外にも多くの勉強に取り組めました。

まず、自然科学に対して興味を持てたこと!





オステオパシーの学びを深めていくうちに、ある文献を見つけることができました。

それはローリン・ベッカーの「DIAGNOSTIC TOUCH」です。

慣れない、翻訳でなんとなくですが、内容を読み解くと、非常に生命に対する
ベッカーの洞察に感銘を受けます。

体の中に宿っている知性をハリケーンに見立てたり、
自然の中にある人のあるべき立ち振る舞いなどなど。

スティルに始まり、こういった時代の生きてきた人たちの
裏側にある歴史からオステオパシーの深さに触れた時に
何とも言えない、気持ちになります。。。

また、紡がれていく歴史の中で、
「Fulcrum」,「Potency」などの用語に対する捉え方の違いを
サザーランドやマーグンなどの考えも見えていくと
また新たな発見につながります。。。


決して、方法論でなく人と自然の調和をテーマに作り上げてきた
偉人たちの背中に少しでも近づけるように、頑張ります!!

そして、こんな思想へ導いてくる学校って本当にすごいと思います。。

一つ一つしっかり学んできますよ♪

理学療法士、日々、勉強


<<車の運転に通ずるもの | ホームへ | 雨降れば地固まる>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/385-e9e29693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。