タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

感覚を言葉に

2016.06.07(23:42) 421

感覚を言葉にするとどうしても科学の範疇に収まらない状況が多々起こる。

組織の中に入る。
組織が受け入れてくれる刺激を加える。
組織が求めている部位を治療する。

こういった状況下で、その場その場における言葉への置き換えに
非常に困惑しています。

というのも患者さんの説明や
今来ている学生さんへのフィードバックの際に、

「今、何をやっているのですか?」
「何を根拠にそれをやっているのですか?」

と聞かれた際に、

「カラダの声に耳を傾けただけです。」
「私自身、頭で前もって考えたのではなく、こうした方がいいと思ってやりました。」

なんていうことは、なかなか言えない現状です。。。

こういった言語化する作業は自分の潜在意識に向き合い、
さらに、その深みへと挑戦できるための準備だとも思います!

しかし、すべてお言葉に置き換えてしまって、
ある程度、通じ合える関係性があれば、いいのですが、
そのままの解釈にされてしまうと勘違いを生みかねませんので、
あくまで、オステオパシーの治療に芸術性の側面を理解したうえで、
患者さんの立場にも立てる努力を続けていきたいです。


理学療法士、日々、勉強


<<なぜ、それをやるのか? | ホームへ | 電磁波の影響>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/421-c3cfeffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。