タイトル画像

カラダの使い方

2016.06.10(22:10) 424



JTOCでの次回の講義にHVLA頸椎&移行部を控えており、
改めて、身体の使い方や解剖学を学ぶ意義を知るために、
本書を中心に復習をしています!

前回の授業で側臥位での腰椎のテクニック、背臥位での胸椎テクニックは
少し自信がついて来ましたが、
頸椎は。。。と少し不安な気持ちもあります。

しかし、不思議と本書を読み返すと、
今まで、あーでもない、こーでもないとそろそろ、練習あいての嫁が
壊れるのではないかと心配になったころに、
少しきっかけをつかむことができました。

やはり、学ぶべきは解剖学。
対象となる解剖学のみでなく、自分の身体の解剖学も!

普段、意識せずに当たり前になっている体の使い方も
つま先の向きや目線の方向だけも
やっている手ごたえは全く異なります。

そして、不思議と関節のテクニックに自信がついてくると、
膜に対するテクニックの手ごたえも今まで以上にしっくりきています!

やはり、JTOCのカリキュラム、恐るべしですね。。。
上手く言っていく実感を大切に日々の学びを深めていきます。

理学療法士、日々、勉強


<<今日は練習会! | ホームへ | 感覚に触れる>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/424-65241c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)