タイトル画像

新しい書籍、新しい概念

2016.08.06(23:31) 438

今日と明日は奥様は福岡へ出張。

基礎訓練コースという全8回コースの3・4回を受講しに行っています。

前回の記事にも書いたように、基礎を積み重ねて
とびぬけたことができるようになると思うので、
触診や体の使い方を学ぶことのできる本コースは必ず大きな成果を生んでくれると思います!

一生懸命な奥様をさておいて、
自分は通常勤務。。

の中で、ずーーと目をつけていたオークションに出品されていた書籍を落札することができまいた!

少々、根は張りますが、
wikiにもオステオパシーの主要モデルとして書かれています。

以下、抜粋

FDM
フェイシャルディストーションモデル(FDM 旧オーソパシックメディスン)とは、“筋膜歪曲様式”と訳すことが出来る。急性損傷や慢性疾患を、人体を構成する組織に生じた変化と捉え、それを手技による矯正技術により適切に再生させる画期的な療法である。FDMでは、損傷は人体組織に発生する六種類の変化のうち、1つ、或いは複数の組み合わせと認識する。
※ここで言う“組織”とは、腱、靭帯、筋支帯、筋膜バンド、癒着、そして周囲を取り囲む他の組織、骨、神経、器官などを構成する、人体の主要な結合組織を意味している。


youtubeなどでも見てみましたが、
かなり痛そう。。。

そして、本書の紹介も今まで考えてこなかったよう概念が書かれていました!

ちょうど、外来の患者さんと自宅治療室でも
診ていく機会のある患者さんがおられるので、
自分の殻を破る意味でも
チャレンジしていきたいと思います!


理学療法士、日々、勉強


<<明日からは | ホームへ | 憂鬱でなければ、、、>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/438-cf62c5c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)