タイトル画像

奥義から学ぶ

2016.11.30(22:42) 471

感覚をいかにして自分のものに落とし込むか??

靭帯性関節ストレインセミナーで、改めてその課題に向き合うことができました。

靭帯性関節ストレインでは組織を自由化するために、
圧をかけていきますが、びっくりするぐらいの圧を用います!

しかし、攻撃的に物理圧をかけるのではなく、組織の中に向かって
伝わっていくあの力はどのように生み出されているのか??

講師の先生は何名の受講生も見ていても
汗一つかかずに、見て回ることができます。。。

以前、ある先生から100回練習すれば、コツを掴めるよ!

と言われ、感覚を掴める体の使い方を練習し続け、
少しずつ目標に近づけている実感がありますが、
その過程の中で早く出合っていればと思ったのが、本書です↓



セミナーでも武術を学ばれている先生方との出会いがありましたが、
総じて体の使い方がキレイです☆彡

そういった基本があれば、いいのですが、
自分のような頭でっかちには本からの知識で
できるだけ、そのエッセンスを吸収しやすくする必要があると思っています。

こういった部分を言葉に置き換えて説明するのは
難しいものも当然伴うところだと思いますが、
やって、感じる!

その繰り返しの中で、少しずつ前進していく!

こういった過程は踏めば踏むほど、
自身にも変わってくると思うので、
結局はやり続けるしかないですね!

理学療法士、日々、勉強


<<知識が先か感覚が先か | ホームへ | 改めて学ぶ意義>>
コメント
先生はたまに胡散臭い本を紹介してくれるので、そこが好きです。
【2016/12/01 08:45】 | #- | [edit]
本当に為になる本でした。武道、古武術奥が深いですね!

ありがとうございます。
【2016/12/02 00:16】 | #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/471-9852b822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)