タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


理学療法士、日々、勉強


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

クラニアルアカデミーに参加!

2016.12.26(23:46) 477

12月は地方練習会に始まり、
JOPA忘年会・総会、「小児セミナー」と続き、
今年最後にはJCA(日本クラニアルアカデミー)に参加してまいりました!

2011年にオステオパシーを学び始め、
ようやくここまで来れたと思うと本当に嬉しく思います。

今まで、何度も諦めそうになりましたが、
通った道すべてが、ここに活きるといった感じです。

というのも、今回のテーマである「視床」に関しても
急に特別なことをするのではなく、
層触診を行い、視床にコンタクトしていくという点では
部位が変わるだけです。

しかし、深部にある組織だけに、
解剖学のイメージや身体の使い方において、
要求度が上がります。

また、コンタクトからリリースを起こすまでの手順においても
シンプルなだけに多くのエッセンスが凝縮されています。

テクニックに関しては反射点を使ったり、解剖学のつながりを利用するといった点で
ベーシックの内容を終えました。

翌日のアドバンスでは
より視床の状態を把握(診断)し、それに基づいた
テクニックを行っていきました。

長テコやインパルス、透明中隔といったより詳細な部位にまで
働きかけることによって、身体に大きな変化が起こり、本当に驚きました!

実際にベーシックでのテクニックで診断を用いずに片側の視床のみを
リリースされた先生がその後、大きく体調を崩されたと聞きました(-_-;)

以前、会長の治療を受けられた患者さんの中に子宮筋腫の方がおり、
触診で感じられるほど、肥大していたものが、ほぼ正常に近いほどの
大きさに戻っているというのも見ていました。

そのため、ここまでの内容を臨床に落とし込むのも
今まで学んだ治療の流れを熟知しておく必要があることを思い知らされました。

こうして、総括された内容を改めて学ばせていただくと、
自分に足りないものが、たくさん見つかります!

それだけ、成長の糧になるものをたくさん得ることができ、
より臨床での効果を引き出せることを信じて、
これからも頑張ります!


理学療法士、日々、勉強


<<今年もありがとうございました! | ホームへ | 神戸!神戸!!神戸!!!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/477-ff9b9a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。