タイトル画像

理学療法士 ~勉強の仕方~

2011.12.29(20:55) 57

理学療法士として、もしくは理学療法士を目指す上で勉強の仕方っていろいろとあります。

いろいろとあるために、迷うところでもありますが。



学生時代は国家試験や実習対策として

勉強を積んでいました。


教科書を一生懸命読んだり書いたり、、、

問題をたくさん解いたり、、、


これらの勉強の仕方を辛いと思うかは

意識の問題だと思います。


結局は目的・目標を目指す手段なので、

経過はそれほど重要ではないのかと。


やり方は人それぞれ。

アドバイスはできるが、それを鵜呑みにしてしまえば、

間違った努力の方向ともなりえます。注意が必要ですね。



私は普通科の高校を卒業してから、理学療法学科のある専門学校へと進学したので、

覚えるということに関しては抵抗がありませんでした。

ある程度興味のないことでも、その知識がどのように役立つのかわからないままでも・・・



しかし、こういった意識ではなかなか身に付きませんし、

何の意味もありません!!

それをヒシヒシと感じたのは、就職して同僚から医療系の問題を出されたときです。

まーーー


答えられないです。。。

本当に。。。。



今まで勉強してきたのはなんだったのかと。思えるほどに・・・


だからこそ、常に勉強するに当たっては意識を大切にしています。

しっかりと目標をもつ

勉強した内容を臨床で応用し、結果が残せれば、やる気も上がる!



ちょっとしたことなんですが、臨床にでてやっと気付けました。




もしかしたら学生時代にも思っていたかもしれませんが、

忘れていただけかも?


結局は使わない知識を脳が削除してしまうんですね。




ランキング参加中です。よろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村





理学療法士、日々、勉強


<<仕事納め | ホームへ | 経験年数>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/57-e6a69a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)