タイトル画像

心に響く言葉

2012.01.11(22:32) 65

先日、リハビリ科長に面白い話を聞きました。


科長の息子さんは今年受験の中学3年生、

どうやら、進路に迷う一方で、勉強はしたくない様子・・・


お正月に親戚からもありがたーーーい話をしてもらったらしいのですが、

どうやらいっていることは分かるが、心には響かないとのこと。。。。



いくら、回りからあーだ、こーだといわれても、

結局判断するのは自分・・・


では、どうすればいいのか?

自分なりの考えでは、

体験などの方が、心に響くのでは?


学校で座学で知識を得ていくより、

まず、体験してみるというのもいいのかもしれません。


それを体験することにより、励みにもなると思います!




そもそも、なぜ心に響かないのか?

それは、その言葉を受け入れる姿勢(意識)が取れていないのではと思います。



勉強会でもやっぱり寝る人を見かけます。

でも、一生懸命メモを取りながら聞く人もいます。


この差はやっぱり、姿勢(意識)の問題だと思います。


一つの言葉でも解釈を人それぞれ、、、

生かすも殺すも自分次第・・・



学生時代、何気なく読んでいた教科書を

いまでは、必死になって読み返しています。



なにかを得ようとして、外に目ばかり配るのではなく、

まずは、自分を見つめなおして、

いかにすれば、よりよく生きていけるのかを、

これからも自分と相談していきたいです。



これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村






理学療法士、日々、勉強


<<統合できるか!? | ホームへ | L.A.S.Tセミナーを終えて >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/65-21615c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)