タイトル画像

理学療法士の付加価値

2012.02.16(06:44) 84

ちょっと前に、病院に理学療法協会の学会プログラムが届きました。

中を見ると、なんと!!!

学生時代の同期が3人も発表者として名前が上がっていました。

これを見て私は

「先を越された!!次こそは、発表しないと!!」








と、入職したてであれば、考えたと思います。


理学療法士の付加価値として、

認定・専門理学療法士、理学療法研究、論文発表、管理分野など、

様々な領域・分野があります。


その全てが、

「患者さんをよくしたい」

ってことに、つながってくると思います。


なので、この精神を持っていさえすれば、方法や手段は2の次なのでは!?


逆にこれが、ブレてしまうと、自己満足となってしまうと思います。




勉強会などでも学生時代の同期と話をする機会がありますが、

みんな頑張っているとすごく感じるときもあります。

また、勉強会の講師の方に、すごく感銘を受ける言葉や指針を示されることもあります。


しかし、それを受けて、

「これもすごい、あれもすごい、なんでもやってみたい」

となってしまうと、自分のやりたいことがしっかりと見えずに、

周りにただただ流されるだけになってしまうのではないか!?


よく、

「手技にこだわらず、いいトコどりで、治療していけばいいんだよ。」

って、聞きますが、これは、自分の考えが持てている段階での話。


あれもこれもやってても、結局は何も身につかない。。。。



何かを学ぼうと思ったときに、最初は簡単な内容です。

(初級とかプレコースとか体験とか)

しかし、そこで満足して、そのこのいいとこどりってなってしまうと、、、


なので、その道に入れば、しっかりと学ぶ!!!


そこで、ある程度身についてくれば、ほかの分野に関しても、

関連が出てきて、自分の中での整理もしやすくなるのではないかと思います。


そして、初めてほかの考えを学ぼうとか、いいトコどりで治療プログラムを

考えていけるのではないかと、考察してみました。。。。



学生の時は、国家試験合格という明確な目標があるのに対して、

臨床に出ると自分で目標を立てて動かないといけない。。。


楽しさでもあり、怖いところでもあります。

そういった時は、周りの支えや患者さんのことを考え直しながら、

日々、勉強、しています!!!


これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村



理学療法士、日々、勉強


<<目標設定~動作の獲得~ | ホームへ | 起き上がりの動作分析>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/84-088ba2e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)