タイトル画像

エネルギーワークと理学療法

2012.03.19(23:34) 94

エネルギーワークと理学療法。


エネルギーワークに関しては、いろいろな表現があります。

今回は、自己体験を踏まえてエネルギーワークについて考えてみたいと思います。



東京までロルフィングについて習おうと、治療を受けに行った際に、

エネルギーワークについても体験させていただく機会がありました。

それは。。。



眼球筋にアプローチして、眼球運動を改善させるというもの!!

また、毛様体筋にもアプローチし、視力を改善させるというもの!!!




治療者に説明を受けましたが、

正直、、、



「はぁぁ・・・」



今、思えば、なんともリアクションの悪い患者であろうかと。。。

(無理もない!?)



また、治療も

「目を閉じてください。」

といわれた後は、なにやら耳元でシャカシャカ手を動かしている音が聞こえてきたわけです。



そうしていると、

「○○さん、左目の視力が弱くないですか?」

まさしくその通り!

「外眼筋の反応が弱いですね。」

それは知りません!




と、治療が終わると、目がスッキリした感じがしました。

また、視野も広がっていましたし、眼球運動も向上していました。




正直、どこに、何をされたか、説明だけでは納得がいかない部分もありました。。。


しかし、これが結果として現れている以上は文句はありません。。




なんでも、エネルギーを利用した治療法は昔から存在しており、

その力を利用した治療かもいるとのこと。



そうなれば、肉体的な疲労は少なく、常にベストな治療を提供できるのであれば、

是非、身につけたいと思いました。



しかし、そこで注意を受けたのが、

そういった治療家の中で、エネルギーの面からのみ、人をみてしまっている方がいるらしいです。


そうなると、なぜ、改善したのか?

どこにアプローチしているのか?


曖昧になってしまうそうです。。。



そうならないために、物理的な面から人をしっかり捉えなければならないとのこと。

(物理的な面→骨、靭帯、筋、神経などなど)



今の治療の付加価値としてエネルギーを取り入れるのは、

まず、物理面での「人」がわかるということ!!


そして、一番大事なのは「エネルギー」を信じること!!




自分の中で、怪しいからやらない、難しそうだからやらない。などなど、

結局は、自分で敷居を高くして、自分の好きなことしか学ぼうとしない。。。



世の中はすばらしい知恵で溢れています。

多くの情報は、自分の信念によって引き寄せられると信じています。



これも何かの縁・・・


四月からエネルギーを学ぶ段取りをしました。

どれだけ、身につけ、どれだけ、活用できるは分かりません。


しかし、自分の限界を決めるのはいつも自分。。。




チャレンジあるのみです!!!!

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村




理学療法士、日々、勉強


<<福祉用具の落とし穴 | ホームへ | 出会いと別れ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://takahiromakimaki.blog.fc2.com/tb.php/94-5a03795d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)